技術

ショットブラスト加工

ショットブラスト

金属などの加工物(加工する物)の表面に細かい鋼製・鋳鉄製の小球を吹き付け、表面を粗く削る加工方法です。鋼などの粒(ショット)を圧縮した空気で吹きかける(ブラスト)ことからこの名がつきました。


主な目的は、鉄などの加工物を長持ちさせることです。

 

鉄を長持ちさせるためには、サビの進行を防ぐ塗装が必要です。ショットブラストは、そんな塗装の密着性を向上させる効果があります。そのため塗装が剥がれにくくなり鋼材を長持ちさせることができます。

 

加工前の鋼材には、サビの原因となる酸化物が付着しています。
ショットブラストを行なう前の鋼材には、「ミルスケール」と呼ばれる鉄の酸化物が付着しており、この酸化物を除去しないと、鋼材とミルスケールの境にサビが進行してしまいます。
ショットブラストを行うことで、この酸化物を除去できます。

 

小さな無数の鋼球(研掃材・ショット玉)をショットブラストマシンで金属表面に投射することで、ミルスケールが除去されます。
ミルスケールやその他の異物が除去され、鉄の表面には小さな凹凸ができます。
鉄の表面に凹凸があるおかげで、塗装剤が入り込みやすくなります。そのため、塗装の密着性が向上。さらに、ミルスケールなどが除去されているので、内側からサビが進行しにくくなります。
また、塗装の塗り直しも可能で塗装が剥がれてきたら再度ショットブラストを行ない、塗装し直すことで、加工物をさらに長持ちさせられます。

 

ショットブラストのご依頼ご相談もお待ちしております☺️